フラット35住宅ローンで金利優遇を受けるには?

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですがフラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
ですから、将来価値がありそうな住宅の場合、一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。
住宅ローンの金利をわけると変動金利もしくは固定金利があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。
マイホームを現金一括で購入する。
この様なパターンは、あまり多くありません。
一般的には、住宅ローン減税を申し込むという方法の借金をする事が多いです。
周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。
数年で終わるものではなく、たいてい数十年単位の支払をし続けなければいけません。
支払いをしている間は、金利状況も気にしつつさらに、人生には突発的な事もあり得ますからけがや病気をするかもしれません。
だから、慎重にリスクを考えローンを組みましょう。
自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが住宅ローンです。
申請方法はとても簡単で金融機関ならどこでも受付ていますしインターネットバンキングでも良いと思います。
また、不動産屋と提携している金融機関に任せる。
方法もありますので、都合に合わせて選べます。
申し込みの後の審査に通り、支払をスタートした場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。
こちらは年末調整では受付できませんので自分で行う確定申告で申告する必要があります。