キャッシングのターゲットについて

キャッシングを利用する=お金に困っているということが考えられますが、たとえば年収が高くてたとえお金を借りたとしても返済には困らないという方ですと銀行のローンを利用することが多いでしょう。
銀行のローンの方がキャッシングよりも金利が低いので、問題なく審査に通ればわざわざキャッシングを利用する必要がありません。
消費者金融会社がキャッシングのターゲットにしているのは、属性が低めの方だということが言えると思います。
アルバイトやパートという雇用形態のため年収が低かったり、勤続年数が短いため銀行のローンを利用できないという方をターゲットにしているのです。
属性が低めの方でも問題なくお金を借りられるというのが利用者にとってはとてもありがたいことです。