経営者の住宅ローン審査が通りやすい銀行は?

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローンを組んでいる方の中で借り換えをご検討中の方もいらっしゃるでしょう。
借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。
借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。
将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそういう時は住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので0.
1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。
そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。
それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。
どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、更に、イオンでの買い物をするだけでお得な特典として何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。
賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。
他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。
今後、自分の家を建てるために準備されている方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、この機会に贈与税について一緒に学びましょう。
この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、その内の一割を税金として支払うものです。
逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。
他にも年齢や金額によって細かく決められているので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。
これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。
住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査は大変厳しく行われます。
審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。
契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
将来、家を買うために住宅ローンを考えている方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。
全体の約10%が手数料としてかかるようです。
口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、保証料や契約にかかる全ての費用をトータルで計算してみたら、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。
そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか全て計算してから考えてみるべきなのです。
分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところではその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。
経営者向け住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。
ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。
住宅ローン審査に通過しないといけません。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。
ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。
その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。
その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。
安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。
綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算して総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

経営者住宅ローン審査には2種類ある?会社と個人!【融資の条件は?】